NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

イタリアの中学生

一昨日、F君が我が家のある方向から凄いスピードでやって来て夫とすれ違って目があった。小さな路地の交差点で、車が出て来て事故になりそうだったと・・・。

その直前、実はインターホンが鳴り、応答したが誰も答えないという「ピンポンダッシュ」がまた行われた。
もしかして、夫かなと思い、息子に電話をさせたが、夫では無かった。

電話の直後に自転車で走って逃げる2人の男の子。ピンポンダッシュの犯人って事ですよね。

このFくんは、今まで遊んでいた友達。
息子の友達Tくんが、Fくんの家でピンポンダッシュをして、遠くにいた息子(低脳な遊びをするな!必ず誰かが見ていると言っていた為実行に反対していた)も共犯にされて、Fくんの母親から文句のメッセージが来た。
明らかにFくんが母親にチクった感じ。

今まで学校の後にいつも遊んでいたのにこんな事で、親に言うって・・・・。子供たちは、大勢で遊ばずに大体2人で約束して遊ぶので、その時T君といた事が不愉快だったのかもしれないなと今、思う。

そんな出来事の後、学校ではF君と話をしても外で2人で遊ぶ事は無くなった。

そして昨日もピンポンダッシュ。
間違いなくFだな。

毎日、ピンポンダッシュをしにやって来るなんて・・・・なんだか可哀想になって来る。夏休み、もっと楽しむべきじゃないのかな。
自分のやった出来事によって、離れて言った息子に対して嫌がらせをしようと言う事なのか?
今ま母親が色々な友達を家に呼んで遊んでいたF君。もしかしたら、思うようにいかない事に怒っているのかもしれない。
私達は、日本に行くのでいなくなったら、もう来なくなると良いのだけど・・・・。


そして我が家の中学生。
カラーボックスをを二つ購入したので、組み立てていたのですが、私が組み立てた物の中で一番簡単だったので、息子に一個作ってと頼んだのですが・・・・。

イタリアにしては丁寧に書かれている説明書を見ても、板の向きを間違え、釘を刺した場所も曲がっていた。
「う・・・・・ん」

「これ曲がってるし、板も間違ってるよ」
というと、「こんなの1人でどうやってやるんだよ」
と、キレる息子。


家庭科、技術の授業が無いイタリア、こういう事は、家で教えないと全く出来ない子に育ってしまうとい恐ろしい現実を知る。
テレビの中、ゲームの中では家を建てたり、街を作ったりしているのに、釘を八本しか使わないボックスが作れない・・・・。

買い物へ行ってもらったけど、頼んでいたものと違う物を買って来た。違うじゃんコレ!と言ったら、無かったんだよ。と言ったが、絶対にお店の人には聞いていない。



口ばっか達者になり、体もどんどん大きくなるけど中身がついて行っていない感じがする。私は女ので、男の子の成長、頭の中までは理解は出来ないけど、もっと現実の社会で経験を積ませないといけないようだ。


何で出来ないの?と言わずに一つずつ根気よく教えて行くのは、母親としても大変。




にほんブログ村

成長に微妙な気持ち

食事をしていたら息子が、
「お母さん、来年は日本には行かないよ」

と言い出した。
夏休みが始まり、友達から連絡があり遊びに行く息子。だからきっと、夏休みは毎日友達と遊べると勘違いしていると思う。多くの家族が、夏休みは海で過ごすので、街にはいなくなるのを息子は知らない。

まあ、今何を行っても無駄だけど、
「ここにいても、友達と毎日遊べないんだよ」

と言ってみたけど、やっぱり聞く耳持たず。

中学に入るとこう言うことを言い出すとは聞いていたけど、ついに来たか・・・・。

イタリアに残るとなると中学の語学研修に参加させるか、アメリカの親戚の家に行かせると言う選択になってくると思う。語学研修なんて2週間位だから、後の1ヶ月ちょっとをどうするか・・・それも問題。

私がいない家に約2ヶ月も置いて行くと言う不安と言ったら・・・・


恐怖のみ。


放っておいたら、ゲームのことしか考えない。
周りの友達は、家であまり規制されていないので、オンラインゲームばっかりやっている様子。
うちでは、私が厳しく規制していても夫が、すぐにスマホ、pcを盗まれて息子に使われている。

もし、私がいなかったら、2ヶ月間ゲームばっかり
やるつもりだろう。なぜなら、いつも「お母さん,どっか行かないの?」と聞いてくるから。
いない間にゲームをやろうと考えているのはミエミエ。



夫は、子供に対して厳しく規則を与えることが出来ない。
これに対してどんなにイラっとすることか・・・・。
学校がある日、夜ご飯の後にテレビを見ないで寝る!と言っても子供がテレビをつけたら、そのまま・・・・。

言ってる事とやってる事全然違うし・・・・。

子供達が、だんだんと私の言うことも聞かなくなって来て、本当にこの状況に困っている。(お父さんがいれば、自分たちの思い通りになると分かっているから)
うちの夫に限った事ではないと思うけど、自由にさせ過ぎでコントロール出来ない事が出てくるのでしょう。

唯、この状況にうんざりして、若干放置していた部分もあり、もし息子をイタリアに置いて行くのであれば、何か変えて行かなければならないと思った私。

今まで見過ごして来た事に口を出して行くと、間違いなく夫と激しく揉める事間違いない。
夫は、私の考えを受け入れてはくれるのですが、規則正しく生活したことがない為、やり方が分からないので、実践が出来ずイラっと来る様子。大体、そのイラっの矛先がこっちにも向かって来るので、あらゆるところで戦争勃発です。

息子は思春期だから、問題を起こさないように今しっかり色々な事を教えておかないといけない時期、そして娘は更に口が達者になり生意気なイタリア女になって行くので、こちらもビシッとしないといけない。


両親が協力しないと、子育てというのは本当に上手く行かない。
以前、毎回文句を言っていたが、親の足並みが合わずにゴタゴタしていたので、親に協力の大切さは実感済み。

決して、日本式のしつけを押し付けている訳ではないのです。かなりイタリア人用にゆるーーくしているつもりでも、私のやり方にミリタリーか!!と日本人批判、文句を言うイタリア人がいる。
そのくせ息子が何かをやらかすと「軍隊にでも行って学んでこい」と言ううちイタリア人。

何だこの矛盾は・・・と毎回思う私。

しっかりみんなが躾をしていれば、何でもありなイタリア社会にはならないだろう・・・。家の外、自分の夫の事は仕方ないと思えても、自分の子供なると話は別。

我慢強く、困難に立ち向かって行けるようになって欲しいと思うのだが、何分、もう1人の協力がいまいち得られないのが難しい状況。

息子の放った一言で、お母さんこんなに色々な事を考えて悩んでいるなんて知らないだろう。

自由にし過ぎるとどうなるか・・・・我慢を学ばず、すぐ切れるようになります。
今は、少し本人も気を付けているようですが、少し前の息子はすぐにキレてました。イタリア人を見るとすぐに分かりますが、すぐ切れる、暴言を吐くのは当たり前です。

すぐキレていたら、何をしても上手く行くわけがありません。この様にならないように日本人母は立ち上がらなければいけない

子育て12年生の私、毎年新しい教科が増えて、難しくなって行く。卒業出来る日は来るのかな。




にほんブログ村

日本へ行く前に歯科矯正

日本へ出発する前の最後の歯医者。

10日程前にワイヤーが外れてしまい、それを直してもらう為に歯医者へ行った息子。

そして、その翌日にもまたワイヤ―が外れた息子。
口に一杯入れて食べるからじゃないの??と言っているのに…食べ方を急に直すのは難しいと思うけど、気を付けてよ~。

日本でも同じようにワイヤ―が外れてしまったら困るので、修復方法を先生に教えてもらいました。
一番奥の穴からワイヤーが抜けてしまったら、一つ手前を下に引っ張り、先っぽを穴に入れる。
見た感じはかなり簡単そうだけど、実際出来るのだろうか・・・・ちょっと不安。

でも、ピンセットも貸してくれたので、もしもの場合には、私がやるしかないかぁ。
今のワイヤーは、とても柔軟に出来ているので、すぐに外れやすいそうです。この先、もっと硬いワイヤーになるとこの様な問題も無くなるらしい・・・・。

リスみたいに頬張って食べるのを止めて欲しい・・・・。矯正をしていなくても、そんな食べ方は良くないと毎日注意しているのだけどねぇ・・・・・。

他にも肘をついて食べるとかって、イタリア人にとってはどうでも良い事なのか?
毎回、毎回、うるさく言ってるのに直らない・・・・・。この戦いはいつまで続くのか?長期戦であることは間違いない。

日本で歯医者へ行かないで済むことを祈るばかり・・・・・。


にほんブログ村

テロと母親

ロンドンで起きたテロの犯人の1人の母親がイタリア人だというニュースを見ました。

モロッコ人と結婚していたそうですが、離婚したそうです。
子供は、モロッコで大学にも行っていたそうです。テロを起こしたとはいえ、22歳の子供を失った母親の気持ちは辛いものがあるでしょう。

ボローニャの空港で、シリアの方へ渡航しようとして止められていたそうです。
そのような事があったので、ボローニャの母親に3回会いに来た時にもマークされていたそうです。

イギリスの警察にもこの事が伝えられていたのに情報を上手く使えていなかったのですね。

イタリアでは、シリアに渡航するというだけでは罪にならないので、警察は何も出来なかったそうです。
イギリスでテロを起こす前に逮捕していれば誰も傷つかなかったのに・・・・。


イタリアでもテロが起きる可能性がありますが、今はイタリアのインテリジェンスが治安を守ってくれているので、小さな町に住んでいる私は、心配はしていません。


しかし、日本に帰る時の飛行機は、他の国を経由して行く事になる為、若干の心配はあります。
子供も一緒に旅行する為、何も起きないことを祈るしかありません。

犯人は全て射殺されてしまった様ですが、若者たちがなぜテロを犯したのか、自分の息子が何を考えていたのかもう知ることが出来ないというのは、これからも残された人たちは苦しむのでしょう。


他所の国の出来事と思っていたのに母親が、同じエミリア ロマーニャに住むイタリア人と言う事で、急に身近な事件になってしまいました。




にほんブログ村

お年頃の気持ちは分からん

息子のお友達Gくんとそのお母さんが、Cresimaクレージマのコンフェッティを持って家に来た時に

やっとスマホを買ってもらったという話になったので、

「でも、うちの子はトイレに沈めちゃって、whats app出来ないんだよー」

と正直に事実を話した私。


さて、この話の中でどこに誤りがあるのか?皆さんは分かりますか?






息子が帰って来て、Gくん来たよと話した時に
「トイレに落としてスマホが使えないって言っといたよ」


と話したら・・・・・。


「何でトイレで落としたっていうんだよーーバカじゃないの!」

凄い勢いで文句言われました。
「トイレに落としたなんて事実じゃん、何で言っちゃいけないの」

「そこは落として壊れただけで良いんだよ!」

「うーーーん、分からん」

私のお母さんなんて、もう2回はトイレに沈めてるよ。恥ずかしい事かな?
携帯破損のあるあるだよね?


中国製のスマホだったけど、落としても全然壊れなかったし、落としただけで壊れるってねえ。
友達のFだって落として壊れたよ!というが、本当に落としただけかな?


お母さんには、言ってはいけなかった理由が未だに理解出来ませぬ。





にほんブログ村




右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在14年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの幼稚園、小学校へ行く二人の子育て中。
お買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索