NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

バイリンガルとわが息子

海外に住んでいる方は、子供の日本語教育に関しては、とても興味があるかと思います。

私も夫が日本語が分からないから、せめて自分の子供とは日本語で話したい!といつも思っています。


色々なサイトを見ますが、それぞれの家庭環境が違うため、どうしたら良いか・・・・という答えは、簡単には探せません。

自分と子供だけ二人で生活する時間が長ければ、日本語だけを話す機会が増える訳だから、会話も出来るようになるかと思います。しかし、我が家の場合には、夫が家にいる確立が多い為、常に

夫→息子 イタリア語
夫→私  イタリア語
私→息子 日本語

としていても、3人が一緒になるとやはりイタリア語で会話することになります。


でも、私からは出来るだけ日本語で話しかけることを心がけているので、難しいこと言い回しをしなければ、分かっている様子。

ひらがな、かたかなは、ゲーム感覚で覚え、不恰好ではありますが、字もなんとなく書けるようになってきました。
しかし、本を読むのはまだまだ苦痛なようで、面倒がっています。


私は、悪阻生活のため、毎晩夫がイタリア語の本を読んでいるのですが、最近は、私も空いた時間に本を読む時間を取る様にしました。
普段、日本語に触れていないと昔話などの言い回しは、ちょっと難しいようですが、一休さんなどには、興味を持ってくれているようです。


夫も弁護士にした方が良いんじゃないの?という位、口が達者ですが、日本語ももう少しがんばって欲しいというのが私の願い。

「歯を磨いたの?」
「○○したの?」

など聞くと、
「歯磨いたよ~」
とかのリピートするような簡単な受け答えだけは、そういえば最近しています。

でも、先日、二人で丸いパンを食べていて、
「あと何個残っているの?」

と聞いたら、

「この一個食べたら、残りは2つだよ」

とちょっと長い文で答えてくれたので、感動しました。
幸いわが息子は、日本のことが気に入っているので、その興味を失わずに日本語へも興味を注いでくれると嬉しいなと
思っています。

たまに日本で言って分からないと「もうっ~」って思うこともありますが、焦らずに息子の宝(日本語を学べるということ)を育てていきたいものです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在17年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの小学校、中学校へ行く二人の子育て中。
お買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索