NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

羊水検査

久々に更新です。
二人目の妊娠が分かってから、悪阻で寝たきり状態になり、先週はついに点滴を受け、やっと少し回復したと言う状態です。

5キロも体重が減り、妊婦じゃなければすごいダイエット!と喜びたい所です・・・・・・。
イタリアで、大変な悪阻に苦しんでいる方は、他にいるのかな~と思ったりしながら、毎日を乗り越えています。




11週目に羊水検査をしてきたので、自分の記録としてブログに記しておこうと思い、久々に更新となった訳です。
(イタリアでは、11週までに羊水検査をすることになっているようです。日本だともう少し後に行うようですね。)


最初は、特別なエコーの検査(確立は95%位で、費用も自費180ユーロ位)で、ダウン症などをチェックできる方法にしようか・・・迷っていましたが、やっぱり、生まれる前に大きな病気がないかどうか知った方が、安心して残りの妊婦生活を送れると思い、羊水検査をすることにしました。



最初に病院で、11時からの説明会があり、その為に血液検査に行かなければいけません・・・・。寝たきり妊婦としては、血液検査に行くのは、正直しんどい。あとで、助産婦に聞いたら、電話で予約すれば、家まで血液を取りに着てくれるというサービスもあるらしい。


一人目の時には、無かった妊婦優先カードを使えるので、待ち時間もなく、悪阻さえなければ、血液検査もたいしたことないのだけど・・・・。
優先カードをちらりと見せると、どんなに長い列があっても、すぐに対応してもらえるので、まるで水戸黄門の印籠のようです。このカードは、本当に有難いです。




こうして、血液検査を済ませ、説明会に備えます。11時に集合と言われて、病院へ行ってみると、10人位の妊婦が集まっていました。個人的に面接があるのかと思っていたけど、まとめて説明会だったようです。
担当のドクターは、30分も遅刻。

どのような流れで、検査が進むかを説明してくれ、その後に一人ずつ簡単な質問をするという形でした。
寝たきり妊婦は、早く終わって欲しいと思うばかりで、あまり話しを良く聞けなかったです。

流産の確立は、0.5%と言う所は、はっきりと分かりましたが、3ヶ月未満は、検査をしなくても流産の可能性があるので、この羊水検査だけが問題ともいえないと言っていました。







羊水検査の針が入る時にチクリとする位で、それほどの痛みは無いと言っていましたが、長い針がお腹に刺さると想像するだけでもちょっと怖い・・・・。

終わった後にする注射の方が痛いと言っていたけど、注射の痛みだから、まあ、歯医者よりはマシかな・・・と思う事に。

夫は、話を聞いてあまり羊水検査をして欲しくないという感じでしたが、少しでも不安を取り除きたいという私は、することを決断。

次の週に羊水検査が確定しました。


つづく
スポンサーサイト

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在14年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの幼稚園、小学校へ行く二人の子育て中。
お買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索