NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

親が問題なんだ・・・

中学校のプロフェッソーレとの面談が開始されています。

先日、9時から10時までの間の面談を二つ予約していたのですが、義父の入院騒ぎでうっかり忘れていた夫。
10時1分に「あれっ、面談は?」

と気が付いた私。大急ぎで家を出て行った夫、丁度、休憩時間だったプロフェッソーレを捕まえて、2人と話すことが出来たそうだ。

イタリア語の先生、とても息子さんはBravoですが・・・

「お喋りが多い」

とのコメント。これは、前の面談時にも言われた事です。
お喋り多すぎじゃないの?と息子に言うと、
「だって、みんな喋ってるよ」

「いやいや、みんな話してるからといって、お喋りしちゃダメでしょー」

校長が、息子にもう一つの中学を勧めているので、
「次、また注意されたら、もう一つの学校に転校してもらうからね」

と忠告しました。


帰り際に校長に会った夫は、
何で他の友達のクラスだけ(2クラス)体育の授業がプールなのか?と質問したそうです。

学校にプールがないので、バスで近くのプールまで行って授業をするようですが、イタリアでプールの授業なんて活気的!なぜ息子のクラスでは行かないのか?

と私達は思っていたのですが、

この校長は、色々と新しい事を取り入れようとしているそうですが、古い先生、親たちが反対して実現しないそうです。

2クラスだけプールに行っているのは実験的な事で、このクラスの親、先生が校長に賛同して行っているとか。

校長に「もっとクラスの中でこのような意見を広めていって下さい」と頼まれた夫。


他にもバイクで事故った子達が、病院などでリハビリしている所を訪れる社会見学も行なっているそうですが、これも親たちの反対でなかなか実現しないようです。衝撃的過ぎると反対しているようです。

悲惨な事故にあった人に直接話を聞く事は、これから成長していく子達に必要だと思います。当然、心理学者の元で行われるそうなので、きちんとフォローされています。
校長の息子は、この訪問の後、バイクの免許を取るのを辞めたそうです。
イタリアでは若い子たちのバイク事故が多いので、バイクは危険なことも多いという事をしっかり理解する事は大切だと思います。



親がいつまでも子供たちを守っていく事は出来ないので、子供達がしっかり責任を持って行動する事を学んで行かないといけないと思います。

子供の成長を親たちが阻んでいるとは・・・・全く。




にほんブログ村

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在14年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの幼稚園、小学校へ行く二人の子育て中。
お買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索