NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

育児放棄?!

息子の教科書は、厚さが2センチ位の重たい物もあり、かなりの数の本があります。

この2センチ位の本、重たい割に表紙がペラッペラで、普通に使っていても表紙の部分が破れてきます。

毎日、恐ろしい程重たいリュックを担いで学校へ行っている息子ですが、重さがあるせいか、教科書も傷みやすい状況。

流石に教科書にカバーを付けた方が良さそうだなと思い、ビニールのシートを買ってきました。





ノートは、こういうのが売っているので、簡単に付ける事が出来るのですが、ビニールのシート状になっているのは、自作で本カバーを作るので面倒。




本の中には、3年間使う物もあるようなので、流石にこれはまずいかなと思い、本カバー作りを開始。
本当は、学校が始まる前にする作業だったのかもしれませんが・・・・・。


息子と一緒にビニールカバーを文具店に買いに行った時、
「みんなカバー付けてるの?」

と聞いたら、
「自分とAという中国人だけ付けてないよ」

というじゃないですか!
「マジで~~!!!」

あれっ、もしかして、ちょっとした育児放棄だったかな?と反省。
息子はカバーが無くても、全く気にしていない様子でしたが・・・・。

「小学校の時1年の時だけ教科書にカバー付けてたけど、その後は、付けなかったよね~」

と息子。
我が息子、意外とよく覚えている。

最初は、頑張って表紙を付けたのですが、小学校の教科書は、表紙もしっかりしていて、カバー必要ないんじゃないか?と思い、
2年目から付けませんでした。
小学生は、1年しか本を使わないし、一年使ってもカバー無しでも全然大丈夫。
だから、娘の本にもカバーは付けてないのですが、もしかしたら、クラスで一人だけカバー無しかな?

2日間で、20冊弱のカバーを付けたのですが、今、本棚を見たら、まだ付いていないのが残っているじゃないですか!!
地味に大変な作業。

「これは1冊1ユーロ位の内職作業だな」

自作のカバーを付けていると、本の最後のページのグラフと図表の小冊子があり、普通に付けたらその小冊子が開けない。

「あれっ、これカバー付けたら見れなくなっちゃうよ」
と息子に言うと、

「カバー付けてて、カバーが外れない子は、人に見せてもらっているよ」
と・・・・・。カバー付けて、本が使えないって・・・・意味が分からないな。

一体、何の為のカバー何だか。

その一冊は、通常のカバーとは違う方法で作り、取り外し自由自在にしたので、問題なし。

それにしても、まさかアジア勢だけがカバー無だったとは…驚き。
自作の本カバーは面倒だから、もっと簡単に装着出来る厚い本用の物を売り出して欲しいなぁ。

忙しいお母さんとかは絶対に買うと思うけど・・・・・・。
忙しくないお母さん(私)でも欲しいよ。



にほんブログ村
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在17年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの小学校、中学校へ行く二人の子育て中。
お買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索