NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

子供に日本語を教える難しさ・・・・

同じアジア人で、イタリア人と結婚した友達がいるのですが、その女性はの子供は、お母さんが言っている事は分かっても読み書きが出来ないそうです。

この女性はイタリア語はちょっと苦手。今、イタリアの中学に通って、勉強をしているのですが、その理由が・・・・。
子供と話せなくなったら困るから。
自分の国の言葉を教えれば良いじゃないか!と思うけど、なかなか難しいようで、お母さんが子供に歩み寄るということになったみたいです。


息子は日本語の勉強を少しずつやっているとはいえ、日本語学校へ行ってる訳ではないし、本格的に話す機会があるのは日本の小学校へ行った時。

それでも本が読めて、感じが理解出来る様になって欲しいと思っているのですが、

一体、どれ位まで出来るようになれば良いのか・・・・・という私の中の疑問が出てきました。

中学生レベルまでは頑張ってくれるのだろうか?
イタリアの中学生は、週に8時間の宿題をやっていると統計に出ていましたが、こんなに宿題があったら日本語はいつ勉強出来るのだろうか・・・・・。ちなみに日本は4時間だったかな。

8時間家で勉強するなら、もっと学校の授業を増やせば良いじゃないか・・・・と思いませんか?家で宿題しても効率が上がって無いようだし。



最近、息子が早口で話す言葉が理解出来ないので、「????」という事が多い。
私のイタリア語力が低すぎるのか?と思ったが、夫も「何言っているか分かんないから、ゆっくり話しなさい!」

と言っているので、単にスーパー早口なんだと思う。

でも、アジア人の友達じゃないけど、いつか自分の子供が話す事が理解出来ない日が来るのか?!という一抹の不安が・・・・。

夫がいる事が多い我が家は、イタリア語会話率が高い。
だから、子供達とも流れでイタリア語で話すということになり、子供達も私にイタリア語で話すという負の連鎖。

この負の連鎖を断ち切らないと、子供達は日本語で会話が出来なくなってしまう・・・・・と思い、今、イタリア語返答拒否運動をしている。

何かイタリア語で話しかけられても、分かりません、理解出来ませんと回答し、日本語で会話をする機会を増やすってだけなんですけど、これがまた継続する事が難しい。

特に下の娘は、日本語を話さない。
幼稚園に行くまでは、日本語を話そうとしていたけど、幼稚園に行くようになってからは日本語ゼロって感じです。

それぞれの家庭で状況は違うと思いますが、可能であればどんどん日本語で話しかけて、日本語を教えるべきだと思います。
旦那さんやノンニに日本語で話しかけたら、イタリア語が分からないくなる!なんて言われる人もいると聞いた事がありますが、
イタリアで生活している限り、旦那さんやノンニがガンガンイタリア語で話しかけるし、幼稚園へ行けばイタリア語オンリーだからイタリア語が話せなくなるって絶対に無いと思う。

大都市に住んでいない限り、日本語教育をしようとする母は絶対に不利なんですよね。でも、負けずに日本語の会話をしていかないと今やっている勉強が無駄になってしまう・・・・という危機を感じています。


先日、家に水道の水質検査に来た女性には、14か月位のジュリアンという男の子がいて、良くおしゃべりをするそうです。でも、赤ちゃん言葉ではなく、大人のようにしっかりおしゃべりをするので、お母さんもびっくりしていると言っていました。
この女性は、大人に話すような感じで、この男の子と話すので、お母さんから学んだジュリアンは、しっかり話をするようになったという訳です。
お母さん、お父さんが、しっかり子供に話しかけていれば、子供は自然と覚えていくってことなんでしょうね。

まずは、息子のイタリア語返答を止めさせる活動を続け、その次は、娘も日本語を聞く機会を増やすというのが現在のテーマ。

でも、ついついBASTA!!!!と2人が喧嘩している時にイタリア語が出てしまう。
これではいけないと思いつつ、Basta !!と止めに入る方が、お腹から声が出て、ビシッと怒れるような気がする。自分が言葉を混ぜると息子にも悪影響・・・・・。便利な言葉かもしれないけど、全部日本語でやって行った方が効果があるよね、きっと。


日本語の良い勉強方法があれば、教えてください!





にほんブログ村



Natura Vitaホームページをリニューアル中。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

そうそう、ビシッと叱りたい時、怒った時はイタリア語がでますよね。。やめなさい!よりBasta!の方が言いやすいですし・・。汗

ウチの子も下の子はほとんど日本語がでません・・。長女は私と長女とマンツーマンのチャンスが結構ありましたが、次女はいつもイタリア語を話す長女がいて、「逃げ道」がありましたから・・。

日本語、やっぱり日本にいって学校に行かせて同年代の子供達と触れ合うのが一番いいのですけどね~。ウチはちょっとそれは不可能になりつつあるので。。

日本語での返答のみOKってやってたらウチの子たち、妙に口数が減って私とは話さなくなってきたので続きませんでした・・・・。汗
  • posted by カンポ
  • URL
  • 2016.03/08 18:27分
  • [Edit]

Re: NoTitle

上の子の時は、自分もかなり力を入れて日本語率増やしていましたが、今は、手を抜いてしまっているのかな…と思います。
うちも兄弟で話す=イタリア語となっているので、日本語がなかなか出てきません。
ローマは、まだ補習校があるので最後の望みがありますよね。私は自分がくじけたらお終いなので、焦ります。


>
> 日本語での返答のみOKってやってたらウチの子たち、妙に口数が減って私とは話さなくなってきたので続きませんでした・・・・。汗
--------------------
うちの息子もイタリア語返答に分かりません!と言ったら、「もういいよ・・・」と話すのを止めてしまうので、無口な親子になってしまいます。兄弟で日本語を話す姿を見てみたい・・・・・と思う私です。
  • posted by aki
  • URL
  • 2016.03/08 21:50分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在17年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの小学校、中学校へ行く二人の子育て中。
2017年もイタリア、EUからのお買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索