NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

恐ろしい婆さん

うちの下の道は一方通行。
学校へ迎えに行く時は、この道を徒歩、自転車で逆走することになります。

徒歩の場合には、両サイドに歩行者用の道がありますが、自転車は、逆そうになります。

ある時、この道を自転車でゆっくり走り、十字路で止まって安全確認をしていたら、右方向からすごい勢いで左折してくる婆さんと遭遇。

私は、歩行者用通路の中にいましたが、自転車を停止させていました
婆さんは、一時停止が必要な道路にも関わらず、止まらず勢い良く曲がって来ました。


私が止まっていなければ、間違いなく衝突していたでしょう。

この婆さんは、自分が一時停止をしていないのにも関わらず、

「あんた!逆走してるわよ」と怒鳴って、通り過ぎて行きました。

確かにこの道は、一方通行。
自転車なら、手で押して歩行者の道を歩くべきかもしれないが・・・・そんな人誰もいないよ。

もしも、事故が起きた時、一体どちらの責任が大きくなるのか?(80歳近い婆さんだったので、もし、転んで怪我をした場合にこっちに責任を押し付けられるかも・・・・と思うと、法律についても多少理解しておかないといけません。)

と夫と話していたら、一方通行の道を走っていたら、少しは過失を認めないといけないと思うけど、歩行者の線の中にいる人と一時停止をせずにぶつかったら婆さんの方が責任大じゃ無いのと言ってました。

こっちは、自転車がまるで車の様に車道を我が物顔で走っていますが、自転車がそれが出来るのは車の規則を守っているから。私も自転車に乗る時は、車と同じ様に右側通行し、かなり注意をしています。


同級生のお父さんで弁護士の人がいますが、私と全く同じよう自転車でこの道を走行しているのを見て、やっぱり自転車を手で押す必要ないか・・・・と思った私。注意が必要ですが。

日本でも、自転車の規則が色々と出来て来た様なので、車道を走る必要が出て来たみたいですが、ビュンビュン車が走っている所は、ちょっと怖いなと思いました。

もっと怖いのは、80歳近くの婆さんが、勢い良く自転車を飛ばして、 怒鳴っている姿だけど。


息子も自転車に乗るので、こういう婆さんに怒鳴られない為にもしっかりと
イタリアの道交法を理解してもらった方が良いなと思った出来事でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在17年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの小学校、中学校へ行く二人の子育て中。
2017年もお買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索