FC2ブログ

NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

中学校の卒業旅行は

来月、息子の学校の3年生は2泊3日で旅行へ行きます。

場所はローマです!

夫の大親友がローマに住んでいて、この前遊びに来た時に新しくアパートを貸すために買ったから、そこにいつでも泊まってくれ!と言ってくれました。

私も同じ日程で遊びに行っちゃおうかなと思いましたが、事情あって行けなそうなので残念。

正直、田舎者の子供たちが、スリに遭わないか、トラブルに巻き込まれないか心配です。
何かあれば夫の友人が助けてくれると思いますが、
初めてのお泊りなので心配です。

旅費は100ユーロなので、どの家庭でも払えそうな費用です。全員が行けると良いのですが。

ヴァチカンもコロッセオも行かないらしく日本人観光客とはやはり視点が違いますね。


友人のアパートがあるので、近いうちに私もローマに行ってみたいと思っています。
これから日本人にも貸し出したいと言っていたので、何か力になれたら良いなと思います。

私の中学校の修学旅行は新幹線で京都でしたが、息子達はバス旅行です。長旅ですが、楽しみにしている様です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





Natura Vitaのホームページもご覧ください

スポンサーサイト

やりたくない息子にやりたい娘

相変わらず日本語をやりたくない息子。
まぁ、分からない意味を辞書で調べたり、面倒なことが多いので仕方ないかもしれない。
お年頃で親の思う様にはいかない時期です。

一方、娘の方は、日本語の勉強をやろうと言ってきます。
あまり話せない娘は、日本語の教科書を学校に持って行ったり、日本の歌を学校で紹介したりして、日本人である事を意識している様子。


とは言え、学校の宿題、音楽教室の為の練習もあり、日本語の勉強に辿り着くのは容易なことではありません。

それでも、日本語を勉強しようと言ってくれる事は、お母さんにとってどんなに嬉しいことか。


日本では、今2年生になりますが、一年生の漢字を復習しているところです。
息子を教えた経験から、低学年の漢字をしっかり学ぶ事は重要です。
低学年にしっかりやる事で、書き順や漢字の覚える方法を学べるように思います。


大きくなるにつれて、日本語を勉強したくないと言うと思いますが、それまでの間、出来るだけの事を出来たら良いなと母は思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





Natura Vitaのホームページもご覧ください

イタリアでにんにくを買う

イタリアでは、普通にイタリア産のニンニクが売られています。そして、家に必ず常備してあります。
ペペロンチーノのスパゲティを作る時には、必要なので。





日本へ行った時に家でペペロンチーノのスパゲッティを作ろうと思ったら、家にニンニクが無かった。
そんなに使わないので、チューブ式のニンニクしかないと言われたので、スーパーへ買いに言ったら、日本産のニンニク一個(写真と同じような感じ)が200円もしていました。

そして、その半額位で買える物は、全て中国産。
世界の生産の約8割が中国だとネットで見たので、仕方ないのかもしれませんが、日本産のニンニク、もっと頑張って欲しいと思う。

イタリアでもスペイン産などを見かけますが、中国産で売られている物は、しょうが位です。

初夏、こちらで乾燥していない生のにんにくが山積みにされて売られているのを見るので、日本でももっと日本産ニンニクを消費して中国産に負けないようにして欲しいと思ったりします。
逆に中国に輸入するような特別のニンニクを作って欲しいですね。


今日も手抜き料理のペペロンチーノをお昼に出す為にニンニクを消費する我が家です




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





Natura Vitaのホームページもご覧ください

どれだけUSAをイタリア人に聞かせるか!

娘が、「明日の体育の時間に踊るから日本の曲教えて」

と言うので、子供用のダンス曲を探していましたが、娘が「DA PUMPのUSAみたいの〜」

というので、
「じゃあ、USAで良いじゃん・・・・」

紙にDA PUMP USAと書いて渡しました。


息子も音楽の時間に自分に好きな歌にUSAを選んで、みんなの前で発表したらしいです。

2人してDA PUMPをイタリアに広める活動してるし


こんな事なら、もっとUSAのダンスの練習させておけば良かったかな〜




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





Natura Vitaのホームページもご覧ください

人衆差別ではなく、ナポリ差別が存在していた件

イタリアで生活していたら、他のイタリア人とは違う対応をされる事なんて良くありますよね。
でも、自ら挨拶して話しかけていく事で、そういう相手の対応を変えて行くこともできると思います。


これは見た目で判断されているという事だと思いますが、イタリア人でも実際に差別されている人がいたんですね。


娘の友達家族は、ナポリから移り住んで来ました。

ナポリで生活するよりもこっちで生活する方が安心だから引っ越してきたそうです。


家を探している時、ある家を見つけて不動産屋さんと見に行ったら、

「ナポリの人には家を貸しません!」


とはっきりと名指しでナポリ拒否されたそうです。


2人とも仕事してるし、経済面でも問題はありません。お母さんの方は、しかも弁護士です。
ナポリには持ち家、そして新聞スタンドを貸していてその収入もあるので、不安要素0。

でもナポリというだけで拒否された様です。

私もイタリアに長く住んでいますが、日本人というだけでこの様に拒否された事はありません。ナポリ差別はそれを思うと酷い事だと感じました。


こういう経験を持っているからか、このナポリファミリーはとてもフレンドリーに接してくれるので、私は娘の友達で良かったなと思っています。
唯、お母さんが、ナポリ弁でまくし立てると時々聞き取れません・・・・。
ナポリ弁に慣れる必要性が出てきました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





Natura Vitaのホームページもご覧ください

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在18年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの小学校、中学校へ行く二人の子育て中。
2019年もイタリア、EUからのお買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR

日本行の航空券を購入するなら↓ルフトハンザ




月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索