FC2ブログ

NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

中学卒業、みんなの選んだテーマ

うちの息子の選んだテーマは「Giappone/日本」です。

年号が変わった事も取り入れていけばどうかなと話していた時、ふと思いました。

他の子達は、どんなテーマを選んだのかなと。
他にも1人、息子と同じテーマを選んだ子がいる様です。

中国人の子は、中国、イタリア人のお金持ちの子、で少し前に中国へ旅行に行ったばかりの子も同じく中国。

他には、車、黒、ドイツ、水、風などを選んでいるそうです。


一つの単語を色々な教科に結び付けないといけないので、ドイツ、日本、中国など国名を選んだ場合には、書きやすいのかなという印象を持ちました。


息子は、いつもイタリア語、歴史を教えている先生にもっと深く掘り下げて書きなさいと言われているので、しっかり日本について掘り下げて書いてくれると良いなと日本人母は思っています。


イタリアで1人で電車にもバスにも乗った事がなく(乗る必要性がない環境)、日本の子供達に比べて経験値があらゆる点で低い子が、もうすぐ高校生とはちょっと恐ろしいな・・・。

夏休みには、少し自分で行動出来るように教えて行った方が良さそうです。日本では、バスも電車も1人で乗れるんですけどね・・・・。






にほんブログ村







Natura Vitaのホームページもご覧ください

スポンサーサイト

妥協点を見つけて続ける 日本語教育

思春期、反抗期の時期、子供に日本語を続けさせるのは、かなり大変です。

小さいうちは、何とか騙し騙し、でも、中学生にもなるとそうもいきません・・・・。

小学校の漢字もやらなければ忘れてしまうので、少しでもしっかり覚えてもらうために4年生まで復習を完了し、今、5年生に突入。

たくさんやるのは、苦痛な様なので、漢字は一日に5個。
国語の教科書を読んで欲しい所ですが、つまらないというので、去年購入した名探偵コナンの文庫本を10ページ読む事で、同意してもらいました。



漢字は、記憶力の良い時に出来るだけ覚えておいた方が、大きくなっても記憶に残ると思います。
もっと話す事にも力を入れて欲しい所ですが、続けてくれているだけでも有難いと思った方が良いのかな。
同じ年の子を持つ友人は、読み書きは、もう諦めている・・・・と言っていました。

私は、これからも日本へ行く際に読み書きは必ず役に立つので、続けてくれれば良いと思っていますが、高校に入ったらどうなるのか・・・・・。

大きくなってくると無理やりやらせる事は出来ないので、妥協点を見つける事が大切だと思います。私の思い描いているプランとは違いますが、そこは我慢ですね・・・・。








私は、タブレットで本を買う時は、楽天を利用しています。前は、かなり割引が多かったけど、今は、それ程お得感無いような気がします。
夫もKOBOの電子書籍リーダーを持っています。

Amazonイタリアのプライム会員なので、息子にも電子書籍リーダー買おうか迷っています。
普通のタブレットだとゲームばっかりやりそうなので、電子書籍リーダーが良い。本を読んで欲しいですが、スマホがあるとなかなかねぇ・・・。







にほんブログ村







Natura Vitaのホームページもご覧ください



恐ろしいことをサラリという息子

息子の宿題コピー問題の話をしている時に

「誰がクラスで頭が良いの?」
と聞きました。

「いつもお願いしてるA君?」

と聞くと、

「あいつはバカだよ。前に雪が降った時、公園からGが車道に大きい雪を投げたら、車に当たってその運転手が怒って追いかけてきたんだよね。
みんな走って逃げたんだけど、AとGは逃げなくて殴られ(恐らく平手)たんだよ〜」


息子もサラッと恐ろしい話をしてくれるよ。

「何で逃げなかったんだと聞いたら、面倒だったからだって。バカだよな〜」


って笑ってるし。

大きな雪を車道に投げるなんて本当にバカな事で、
「投げた雪で、車が事故にあって怪我人が出たらどうするのか?」

と最初に言いました。


夫は、「未成年者に暴力を振るったら、犯罪だよ。車のナンバーを覚えて、警察に行くべきだった」


と言いました。
最初に子供のやったことを注意して、その後、殴った人を非難だよね、日本人的には。(自分の子が殴られていたら、違うかもしれないけど。)イタリア人と感覚が違うと長く暮らしていても感じる・・・。



イタリアには色んな人がいるから、イタズラも気をつけないといけない。
まさか友人2人も怒られるだけで、殴られると思っていなかっただろう。
しかも、A君のお父さんは弁護士、家に帰って殴られた出来事を話さなかったのかな。

どんな人に殴られたのか聞いても、知らないという息子。
殴られた2人は、詳しい事を話さなかったらしいが、他の友達も敢えて聞いていないのだろう。
人にあんまり興味がない現代っ子。


お国柄、すぐに切れる人もいるだろうから、これから行動には気を付けて欲しいと思った恐ろしい告白でした。



にほんブログ村







Natura Vitaのホームページもご覧ください


宿題コピー問題

息子のクラスの仲間が、宿題をコピーすると言うチャットグループを作った。

以前から、宿題見せてくれと言われて息子が他の人に送っているのは知っていたが、息子本人も宿題を写している事が発覚。

昔は、ノート見せてと言っていたのが、今は、家にいながら写真を送ってもらうだけです。
何の苦労もなく、宿題を写せる世の中です。

私も宿題を写したことはありましたが、結局、それは自分の勉強になっていないので、全く頭に入らず酷い結果になっていたと思います。

だから、お母さんもそんな経験をしたけども写しても、最終的に自分の為にならないと言いました。


対策として、すぐに宿題をやってもらう様にする。
遊びに行って遅く帰ってきたら、当然、面倒だから写すと言うことに繋がります。

誰もやって無くて写す物がない場合には、自分でやるしか無いですからね。


将来、この国で頑張って生きて行くには、人の倍勉強しないとダメだと思う。(コネやお金が無いと)
だから、今から楽な方法を学ばないで欲しいと言うのが、私の考えですが、息子に伝わったかどうか分かりません。


「基本、コピーを送ってもらうより、みんなに送ってくれと言われる側だよ」

という息子。
「送ってあげても、自分は送ってもらわないで自力でやった方が良い」

と言ってるが・・・・。


もう、中学も終わりなので、うるさい事は言わないけど、結構、かなりの女の子にもコピーを送っている息子。
うちの娘にも今後、注意しないといけないなと思う私。


中学生の勉強では、かなり学力に差が付く様に思います。息子は、小学校から1人で何でも出来るので、家庭教師も要らなかったけど、付けてる子も中にはいます。
娘には、息子が家庭教師役になること間違い無しです・・・。

簡単に宿題がコピー出来るので、学力にももっと差が出て行きそうな気がします。

親世代は、今の子供達を理解出来ないので、対応が難しいと思いました。




にほんブログ村







Natura Vitaのホームページもご覧ください



絶対に無理だと思う

娘は、音楽の習い事をしているのですが、その先生から連絡が来ました。

先生の言いたい事は、「もっと練習した方が良い」

ってことでした。

「今の年齢なら、2時間練習しても良いくらいです。毎日、1時間はやって当たり前」

と言いました。
イタリアの小学3年生に2時間の練習って出来ますか?

音楽家になる為にやっている訳では無く、集中力の無い娘に少しでも何かに集中出来るようにと続けています。

毎日、練習をすることも大変なのに2時間って無理でしょ。

日本人母として、一つの事を長く続けて、何かを身に付けて欲しいんですよね。

こちらの習い事といったら、ダンス、スポーツ、アートなどを自分で選んで行くのですが、毎年、習い事を変えている子も
いるし、数年で変えている子もいます。


何か好きな事を見つけて、長く続けて欲しいと私はイタリアの習い事事情を見て思う訳です。

しかし、宿題も集中して出来ない娘が、2時間も練習できますか?

絶対に無理・・・・。

先生は、イタリア人じゃないので、うちの夫には、先生の言う事は理解出来ません。私も流石に2時間っていうのは、
ちょっとあり得ないと思いましたけどね。

もう少し楽しく学べるような環境の方が良いのかなと思えてきました。
イタリアの子供たちは、日本の子供たちよりも精神年齢が低いので、2時間も練習しなさいという先生に付いていける子は一握りだと思います。

うちの子は絶対に無理・・・・。
辛い事に立ち向かって行ける根性も欲しい所なんですけどねぇ。






にほんブログ村







Natura Vitaのホームページもご覧ください


右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在18年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの小学校、中学校へ行く二人の子育て中。
2019年もイタリア、EUからのお買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR

日本行の航空券を購入するなら↓ルフトハンザ




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索