NATURA VITA

イタリアより自然な生活情報、子育てなどについて

スマホ 水没致しました

息子が、「お母さん、トイレにスマホ落としちゃった・・・・」

と持ってきた。

これに対して私は、怒り、失望、ショック・・・・という感情は無かったです。

これで、スマホを管理する面倒から解放されると言う安堵があったかも。


sm.jpg


「ドライヤーでちょっと乾かしてみれば?」

と息子に言ったてみたけど、変化なし。あまり熱くなりすぎもダメだと書かれていました。

トントンと手のひらでやってみたら、少しだけ水が出てきました。



「?????」

あれっ、トイレで落としたっていうから、もしかして、この水って汚くないか???


スマホ水没で検索してみるとお米、乾燥剤などをいれた袋に入れておくと言う方法がありましたが、振ってはいけないと書かれていました。
水が入っていない所まで水が入ってしまうらしい・・・・・(もうやっちゃったよ

水没したら、すぐに電池、SIMカードを抜き取り、間違っても電源を入れてはいけないそうでう。

電源・・・・入るかな?と思って入れちゃいました

「もう、死にたいよ・・・・」

と言う息子。スマホが水没した位で死んでたら、命が幾つあっても足りないよ。、まったく・・・・。


息子のスマホ関係で、ちょっとイライラとすることがあったので、インターネットが使えない携帯を買おうかなと思っていたので、
今後、どうするか検討中。

水没していなかったら、スマホを無理やり取り上げる形になるけど、水没しちゃったから、スマホないからねぇ~
ネットなしの携帯買ってくれてありがとうと感謝されるかな。


と思ったけど、普通の携帯いらないよ・・・・と言われた。


今、スマホは天日干し中。復活すのかなぁ?

皆さまも水没に備えて、事前に対策をチェックしておかれると良いと思います。
突然の水没で、思わず禁止事項をやってしまいがちですので・・・・・。


にほんブログ村



スポンサーサイト

避難訓練があったらしいけど

少し前、小学校と中学校で避難訓練があったらしい。

娘は、体育の授業中で、専用の靴で外に出たので洗う様に先生に言われたので、訓練があったのを知りました。

いつも外で使ってる靴で普通に体育をする教室に入ってるのに何故?
と思いましたが、一応、軽く綺麗にしました。

息子は、避難訓練したよと言ったので、

「みんなしっかり真面目に避難したの」
と聞いたら、

いつも通り、騒がしく、ガヤガヤしたままだったそうです。

小学校からずっと避難訓練を経験している私は、本当に何かあったらこの子達はパニックだなぁと思った。

いつも学校の先生が、訓練だと思っておしゃべりしたり適当にしてると本当の災害時に怪我をすると・・・・


先生達もうるさい子供達を静かにさせないというのは、危機感が無いからだろうな。

こんな事なら、プロフが病気などでかなり休んだりしてたので、普通に授業やれば良いのに・・・と思う。

日本よりは地震は少ないけど、何が起こるか分からないので、訓練位しっかりやって欲しい。


にほんブログ村

今も変わらぬ日本の中学・・・・

日本の中学校に体験学習で息子を通わそうかと考えている私。

中学校は制服ですが、レンタルとは科は無く、自分で似たような色のズボン、白ポロシャツを購入すれば
良いらしい。

白いポロシャツですが、下着を中に着る事もあると思いますが、その下着の色が、白と決まっています。

学校のサイトを見ると「少しずつ洋服が乱れてきています。中の下着は、色物は止めましょう」

と書かれていました。
自分の時代も確かにそういうのがあった思う。でも、もう何十年も昔の話ですよ。

未だにその時代と同じ規則なんですね・・・・。
制服だから、きちんと揃えて着ると言う事は大切ですが、多少の色物の下着位良いのになぁ・・・・と思ってしまうのは、私がイタリア化しているからかなぁ?

イタリアでは制服は無いので、ジーンズにTシャツで学校に行っていますが、特に華美か服装の子はいないと思います。

日本の学校は、子供たちが自発的に規則を守るように仕向けることは出来ないのかなぁ。
まだ規則を押し付けられている印象ですが、実際はどうなんだろうか?日本で子供たちに聞いてみたい。

毎年、日本で電車に乗ると、グレーっぽい学校の制服ズボンに白いワイシャツの高校生を見かけますが、制服のズボンを膝まで上げている子をたくさんみました。

ここまで着崩していたら、ちょっと制服がかわいそうと思ってしまう。母親の目線だと思いますが、「しわしわになっちゃうから、アイロン掛けないと!」と思う。


社会に出てから規則を守ったり、協調性が大事だから、うるさく言っていると書かれていましたが、個人個人の自主性、魅力を引き出すことも大切な事な様に感じているのは、私が年を取ってきたからなのか、イタリアに長く住んでいるからなのか・・・・。


色々な事が変わっている時代、昔と変わらぬ規則がまたあるっていう事にびっくりした。私的には、わざわざ白の下着を買わないといけないと言う面倒、出費が特に気になったのですが・・・・・。
最初から白って知っていれば、別に気にならないことかもしれませんね。



にほんブログ村



イタリア中学生の常識

息子のクラスのWhatsappグループチャット。

殆どの子供がメッセージを入力するのではなく、ヴォイスメッセージを使っています。
ちょっとした事でもすぐにヴォイスメッセージ。

日本の子供たちもそうなのかな~?

正直、いちいち聞くのが面倒じゃない?と思うけど、子供たちはしゃべってメッセージを残す方が普通な様子。

クラスの中には、スマホを持っていない子もいて、親のスマホを使っている子もいるのですが、そんなことから裏グループ(親が見ないグループ)を別に作っています。

最近、スマホを買ったらしいAちゃん、何でグループが二つ存在するの?おかしいよね?

とヴォイスメッセージを残していました。
それに対して、親が見ないグループを作ったと他の子が色々と説明していたのですが、

「親のスマホを使っていた時、親は私のグループをチェックしていなかったわよ」

と自信ありありでコメント。(イヤイヤ、絶対親はメッセージ見ていると思う)


「子供たち、子供立ちだけのグループを作ったら、絶対に親は見ていない!」

と信じている。つまり、ほとんどの親は、子供のスマホに関してノーチェックなんでしょうね。
うちは、スマホに関しては、オープンにさせています。まだまだ何かをやらかす可能性が高いので、野放しには出来ないと思っている私は特殊なのかな?


先日も英語の宿題があるのか?無いのか?とグループチャットで話題になっていたけど、結局、誰も分からず・・・・。
息子は、寝る前に「そういえば、英語の宿題あったかも!」と気付いてやっていたのですが、

次の日・・・・・25人中15人が宿題をやらず、注意を受けたそうです。

しかも、P君が、大きな声で文句などを言っていたらしく(学校のサイトには宿題が書いていなかった)、更にプロフに怒られて泣いたそうです。ついでにF君も。

大きくて太っちょなP君。12歳にもなって、学校で泣くか・・・・・・。
「Whats appのコメントで誰かが英語の宿題は無いって言った、言わない」
で、グループチャット炎上していました。

いつも息子には、宿題は、自分でしっかり学校で話を聞いてこい!と言っています。(たまに人に聞いている事があるので・・・)

何で、毎回人に聞くのか?本当に理解不能な母です。

イタリア中学生の常識、私の非常識です。





にほんブログ村

 

減る減る色鉛筆。

小学校では、本当に色鉛筆を使います。

国語の授業でも、算数、地理、英語、音楽・・・・何でも色塗り作業があります。

9月に買った筆箱に入っていた色鉛筆は、殆ど小さくなったので、家にある買い置きの色鉛筆を補充していましたが、
消耗する色は、赤、緑、青、黄色など決まっているので、買い置きの色鉛筆も特定の色しか無くならない・・・・・。

でも、一本ずつ購入すると一本1ユーロ弱。
結局、12、24本入りの色鉛筆を購入することになります。



iro.jpg

Senza Lengno(木は無し)って書かれているから、どんな色鉛筆かと思ったけど、至って普通の色鉛筆でした。

学校などでも指定されたりするGiottoは、芯が柔らかいですが、BICの色鉛筆は、もう少し硬い感じです。
芯がすぐに折れないから良いか・・・・。




どうでも良い?絵に色を塗る宿題よりも筆記体を覚えるような宿題を増やして欲しいと思うのは私だけかなぁ。

幸い、息子は中学に入ったら、色鉛筆を持って行くことも無くなったので、色鉛筆購入仕事からは解放されましたが・・・。
あと4年間は、色鉛筆を探し続ける予定。




にほんブログ村

右サイドメニュー

オススメ











最近の記事

メールフォーム

ブログの感想、意見、各お問い合わせはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

PR



Just MyShop(ジャストシステム)











左サイドメニュー

プロフィール

naturavita aki

Author:naturavita aki
イタリアに来てから現在14年目。
イタリアでフィットテラピー、オメオパシィーなどを知り自然な生活を実践中。
イタリアの幼稚園、小学校へ行く二人の子育て中。
お買い物代行、転送を受け付けております。詳細は、以下HPをご覧ください。


ホームページはこちら↓

NATURA VITA


イタリア子育て・妊娠・出産

PR



月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ内検索